チームで取り組む心臓デバイス植込み患者のケアとマネジメント : 遠隔モニタリングの活用から一般管理まで

鈴木誠 編著

[目次]

  • 1 チームで取り組む患者ケアのキホン(チームで取り組む医療のキホン:よりよい患者ケアのために
  • チーム医療における各職種の役割)
  • 2 遠隔モニタリングシステムによる植込み型心臓デバイスの管理(遠隔モニタリングシステムとは
  • 当院における遠隔モニタリングシステムの導入とその効果 ほか)
  • 3 モニタリングデータの活用法(不整脈の遠隔モニタリング
  • 心不全の遠隔モニタリング)
  • 4 植込み型心臓デバイスの一般管理(電磁干渉
  • 合併症対策 ほか)
  • 5 植込み型心臓デバイス診療の実践例-遠隔モニタリングシステムを含めて(アラート(注意喚起通達)機能が心室波高値低下の早期発見、対応に役立った症例
  • 運動負荷試験を行い心拍応答機能を調整し心不全のリハビリテーションを行ったCRT‐Dの症例 ほか)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チームで取り組む心臓デバイス植込み患者のケアとマネジメント : 遠隔モニタリングの活用から一般管理まで
著作者等 鈴木 誠
書名ヨミ チーム デ トリクム シンゾウ デバイス ウエコミ カンジャ ノ ケア ト マネジメント : エンカク モニタリング ノ カツヨウ カラ イッパン カンリ マデ
書名別名 Chimu de torikumu shinzo debaisu uekomi kanja no kea to manejimento
出版元 南江堂
刊行年月 2012.9
ページ数 133p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-524-26965-5
NCID BB10329830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想