道は生きている

富山和子 作 ; 大庭賢哉 絵

毎日あたりまえのようにつかっている、道。いったい、いつできたのでしょう?どこまでつながっているのでしょう?並木の道、石の道、塩の道。さまざまな道がもつはたらきをしらべてみると、人間の歴史が見えてきます。これから、どんな道が必要なのかも見えてきます。世の中の見え方が、きっと変わる!名作ノンフイクションの新装版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 道のはじまり
  • 並木の道、石の道
  • 絹の道、塩の道
  • 川の道
  • おまいりの道
  • それぞれの道
  • 道は、はたらく場所でした
  • 道と道の出あうところは
  • ちえくらべ
  • 道はやさしい道でした
  • 歴史を見てきた道
  • 車と人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道は生きている
著作者等 大庭 賢哉
富山 和子
書名ヨミ ミチ ワ イキテ イル
シリーズ名 自然と人間 76-5
講談社青い鳥文庫 76-5
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
版表示 新装版.
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-285309-5
NCID BB10280414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想