兎月恋絵巻 : 良縁は余計な刻にやってくる

甲斐田紫乃 著

道明寺家の娘・清子は、無愛想で皮肉屋な美青年・在原稀国が大の苦手!そんな彼女の前に"縁"を操るという胡散くさい神様・伝月が現れた!と思ったら、イキナリ清子の「縁結ばれ」を発動!あげくに「最良の伴侶は、在原稀国じゃな」-って冗談でしょ!?だが"縁"は動き始め、行く先々には必ず稀国の姿が!!こうなったら、自力で"縁"を絶ち切ってやる!と、息巻く清子だが!?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兎月恋絵巻 : 良縁は余計な刻にやってくる
著作者等 甲斐田 紫乃
書名ヨミ トゲツ コイエマキ : リョウエン ワ ヨケイ ナ トキ ニ ヤッテ クル
書名別名 Togetsu koiemaki
シリーズ名 B's-LOG文庫 か-6-07
出版元 エンターブレイン
角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.9
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-728369-5
全国書誌番号
22153965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想