ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。 : サトウキビの島は戦場だった

具志堅隆松 著

遺骨は沖縄戦の証言者-。ガマの奥でうずくまる少年、正座して自決した住民、たこつぼ壕にくずおれた兵士…。30年間、沖縄戦の遺骨と戦争遺物を収集・記録してきた著者が語る沖熱戦の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺骨収集作業に出会う
  • 第2章 沖縄で戦争があった
  • 第3章 ガマに残された遺骨が語る戦争
  • 第4章 ぼくが「ガマフヤー」になったわけ
  • 第5章 遺骨収集作業を市民の手で
  • 第6章 掘り出された遺骨や戦争遺物たち
  • 第7章 遺骨を記録することで見えてきたこと
  • 第8章 ぼくが手榴弾から教えてもらったこと
  • 第9章 不発弾で人の命を救う
  • 第10章 遺骨を家族のもとへ帰したい
  • 第11章 遺骨に会い戦争を自分の目で確かめる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくが遺骨を掘る人「ガマフヤー」になったわけ。 : サトウキビの島は戦場だった
著作者等 具志堅 隆松
書名ヨミ ボク ガ イコツ オ ホル ヒト ガマフヤー ニ ナッタ ワケ : サトウキビ ノ シマ ワ センジョウ ダッタ
出版元 合同
刊行年月 2012.9
ページ数 171p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7726-1063-6
NCID BB10483808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想