イングランドの地名 : 起源と歴史を訪ねて

ケネス・キャメロン 著 ; 吉見昭德 訳

ケルト、アングロ・サクソン、スカンジナビア、フランスなど、さまざまな民族や地域に由来する地名を分析することで見えてくる、イングランドの歴史・自然・風土。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地名研究の技術
  • 地名形成の類型
  • ケルトの地名と河川名
  • アングロ・サクソンの諸王国、イングランドの州、ハンドレッド、ワッペンテイク
  • 最古のイングランド定住地名
  • スカンジナビアの地名
  • イングランド地名のフランス語の影響
  • 地名における前置詞と副詞
  • 地名における接辞
  • 地名と考古学
  • 異教・神話。民間伝承との連想による地名
  • キリスト教を連想させる地名
  • 地名が示す社会と法律上の慣習
  • イングランド入植時の地名
  • 街道名
  • 河川、河川の交差、湿地帯
  • 丘陵と谷
  • 森林、開拓地、公地
  • 街路名
  • 小地名と牧草地名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イングランドの地名 : 起源と歴史を訪ねて
著作者等 Cameron, Kenneth
吉見 昭徳
キャメロン ケネス
書名ヨミ イングランド ノ チメイ : キゲン ト レキシ オ タズネテ
書名別名 English place names
出版元 春風社
刊行年月 2012.9
ページ数 381p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86110-290-5
NCID BB10212800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想