ワーキングメモリ : 思考と行為の心理学的基盤

アラン・バドリー 著 ; 井関龍太, 齊藤智, 川﨑惠里子 訳

ワーキングメモリは、今では、教育、医学、臨床活動、神経科学、工学、その他の多くの分野で参照されるようになっている。本書は、このワーキングメモリの概念を明確に定式化し、その最も有名なモデルを提唱したアラン・バドリー自身が新たな研究成果と理論的進展を盛り込んでまとめた最新の概説書である。基礎的な発見は現代的な観点から整理し直され、進化的・適応的意義まで射程に捉えて展望を開いている。話題は社会的行動や情動、意識の問題に広がり、ワーキングメモリ概念の理論的・実用的価値を新たにしてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクションと概観
  • なぜ音韻ループが必要か
  • 音韻ループ:課題と広がる論点
  • 視空間的短期記憶
  • イメージと視空間的ワーキングメモリ
  • 新近性、検索、定数比の法則
  • 中央実行系を細分化する
  • 長期記憶とエピソード・バッファ
  • エピソード・バッファの探求
  • ワーキングメモリスパンにおける個人差
  • 何がワーキングメモリスパンを制限するのか
  • ワーキングメモリの神経イメージング
  • ワーキングメモリと社会的行動
  • ワーキングメモリと情動1:恐怖と渇望
  • ワーキングメモリと情動2:抑うつと行為の源
  • 意識性
  • 多重レベルの行為制御
  • ワーキングメモリ研究の広がり:生命、宇宙、そして万物について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーキングメモリ : 思考と行為の心理学的基盤
著作者等 Baddeley, Alan D
井関 龍太
川崎 惠里子
齊藤 智
バドリー アラン
書名ヨミ ワーキング メモリ : シコウ ト コウイ ノ シンリガクテキ キバン
書名別名 WORKING MEMORY,THOUGHT,AND ACTION
出版元 誠信書房
刊行年月 2012.9
ページ数 16,459p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-414-30628-6
NCID BB10142250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想