音の大地を歩く : 民族音楽学者のフィールドノート

水野信男 著

音とは?音楽とは?音の持つ力や意味が独自の視点でやさしく語られる。音の大地を歩き続ける民族音楽学者の心弾むエッセイ集第3弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の音-民俗と伝統
  • 2 楽器 音具そして音響
  • 3 海外へ-音楽の旅
  • 4 中東-音の風景
  • 5 クラシック音楽散歩
  • 6 つれづれに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音の大地を歩く : 民族音楽学者のフィールドノート
著作者等 水野 信男
書名ヨミ オト ノ ダイチ オ アルク : ミンゾク オンガク ガクシャ ノ フィールド ノート
シリーズ名 地球音楽出会い旅 3
出版元 スタイルノート
刊行年月 2012.9
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7998-0111-6
NCID BB10421764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想