仏の発見

五木寛之 著 ; 梅原猛 対話

混迷する現代に光明をもたらす仏教の救いとは?文学、歴史、芸能など幅広い分野を縦横無尽に馳せながら、二人の対話は日本人の信仰の原点へと迫ってゆく。ブッダが説いた教えは、日本でどのように変容し育まれたのか。聖徳太子、法然、親鸞、蓮如…日本の宗教者たちの叡智を明らかにする。仏教思想に独自の視点でアプローチしてきた二人の知の巨人による白熱の対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 人が仏になる不思議
  • 第2話 この世で仏と出会う不思議
  • 第3話 怨霊に仏をみる不思議
  • 第4話 文学にひそむ仏の不思議
  • 第5話 山川草木に宿る仏の不思議
  • 第6話 人生の苦の中にある仏の不思議
  • 第7話 悪をこえて仏になる不思議

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏の発見
著作者等 五木 寛之
梅原 猛
書名ヨミ ホトケ ノ ハッケン
書名別名 Hotoke no hakken
シリーズ名 学研M文庫 い-19-1
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.9
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-05-900782-1
NCID BB11540259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想