柳生狩り

宮城賢秀 著

幕府道中奉行・柳生久通の配下の忍びが、嬲り殺され、その右腕が久通の屋敷に投げ込まれる。さらに伊豆の采地へと送り出した家来とその地を巡回中の二人の家臣が惨殺されてしまう。これらは、伊賀忍者十六人による仕業で"柳生狩り"と称する報復の始まりだった。柳生本家の危機と、お上を愚弄する凶行に、裏柳生探索方が乗り出す。伊賀者を操る黒幕の商人を炙り出し、決着を付けようとするが、殺しの裏にはある出来事が…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳生狩り
著作者等 宮城 賢秀
書名ヨミ ヤギュウガリ
書名別名 Yagyugari
シリーズ名 裏柳生探索帳 み-6-34
学研M文庫 み-6-34
出版元 学研パブリッシング
学研マーケティング
刊行年月 2012.9
ページ数 315p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-05-900777-7
全国書誌番号
22153772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想