赤十字標章の歴史 : "人道のシンボル"をめぐる国家の攻防

フランソワ・ブニョン 著 ; 井上忠男 訳

赤十字標章、赤新月標章、赤の水晶標章…。統一標章であることが望ましい国際的保護標章は、なぜ三つの標章が並存するようになったのか?その経緯を国際会議の議事録などから解き明かす、「人道のシンボル」を巡る国家の攻防の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 標章の統一(起源
  • ロシア・トルコ戦争(一八七六年〜一八七八年)
  • 平和会議と改定会議(一八九九年、一九〇七年のハーグ会議、一九〇六年のジュネーブ会議)
  • 一九二九年の会議
  • 一九四九年の会議
  • 近年の動向(一九四九年〜一九七六年))
  • 第2章 赤十字社の標章(各社の承認
  • 未承認標章)
  • むすび(現状(一九七〇年代後半)
  • 結語)
  • 訳者による補記 赤十字標章を巡る現在の状況と赤のクリスタル標章の採用(二〇〇五年に第三追加議定書標章を採択
  • 二重標章の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤十字標章の歴史 : "人道のシンボル"をめぐる国家の攻防
著作者等 Bugnion, François
井上 忠男
Bugnion Fran〓cois
ブニョン フランソワ
書名ヨミ セキジュウジ ヒョウショウ ノ レキシ : ジンドウ ノ シンボル オ メグル コッカ ノ コウボウ
書名別名 The Emblem of the Red Cross
出版元 東信堂
刊行年月 2012.9
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7989-0140-4
NCID BB10093417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想