ヒトはなぜ眠るのか

井上昌次郎 著

進化の過程で睡眠は大きく変化した。肥大した脳は、ノンレム睡眠を要求する。睡眠はなぜ快いのか?眠りの機能とは?大脳と睡眠、身体と睡眠の関係、睡眠にまつわる病気、睡眠と冬眠の違い、睡眠を司るホルモン、体内時計の働き、短眠者と長眠者の謎、科学的な快眠の秘訣…。最先端の脳科学で迫る睡眠学入門の決定版。最新の知見と新規文献も充実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 眠りとはなにか(人間はなぜ眠るのか
  • 眠るとはなにもしていない状態か ほか)
  • 第2章 眠りは人ごとに違うのか(眠る時間や回数に基準があるのか
  • 年齢と眠りの関係はどのようなものか ほか)
  • 第3章 どうして眠くなるのか(睡眠はどんな法則に支配されているのか
  • なぜ毎夜寝るのか ほか)
  • 第4章 眠っているあいだになにが起こるのか(眠りは本当に必要か
  • 「寝る子は育つ」とはどういうことか ほか)
  • 第5章 眠りはコントロールできるのか(眠りの質をどう高めるのか
  • 昼間の眠気にどのように対処するのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトはなぜ眠るのか
著作者等 井上 昌次郎
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ネムル ノカ
シリーズ名 講談社学術文庫 2131
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 201p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292131-2
NCID BB10107307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想