フクシマの正義 : 「日本の変わらなさ」との闘い

開沼博 著

「脱原発」「放射能から子どもを守れ」-声高に叫ばれる正義が、新たな犠牲を生んでいないか。3・11後、ますます大きくなる日本社会の歪みを抉り出す本格論考。『「フクシマ」論』著者による、待望の初評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 正義を疑う(ぶつかり合う正義
  • 日本はなぜこんなに変わらないのか
  • 「弱者」を利用してきた「知識人」 ほか)
  • 第2部 見えない現実(「善意」が生み出す悪
  • ふたたび「宗教」化した世界で
  • なぜ彼女はマスクを外したか ほか)
  • 第3部 対談-忘却に抗う(原発避難者は今どうしているのか
  • 敵も悲劇もつくるな
  • 原発安全信仰の皮肉な拡大 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フクシマの正義 : 「日本の変わらなさ」との闘い
著作者等 開沼 博
書名ヨミ フクシマ ノ セイギ : ニホン ノ カワラナサ トノ タタカイ
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.9
ページ数 380p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-02239-3
NCID BB10174723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22224430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想