コレクション日本歌人選 = Collected Works of Japanese Poets  041

和歌文学会 監修

名門の家柄である大伴氏の族長で、家持の父でもある。『万葉集』におよそ七十首の歌を残すが、それらはいずれも還暦を過ぎてからの詠である。赴任先の大宰府で妻を亡くす悲痛を越えても、実年齢を感じさせない、瑞々しい感性が旅人の歌には溢れている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昔見し象の小河を
  • 橘の花散る里の
  • うつくしき人の纒きてし
  • 世の中は空しきものと
  • 竜の馬も今も得てしか
  • やすみしし吾が大王の
  • いざ児等香椎の潟に
  • 隼人の瀬戸の磐も
  • 湯の原に鳴く蘆鶴は
  • 君がため醸みし待酒〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コレクション日本歌人選 = Collected Works of Japanese Poets
著作者等 中嶋 真也
和歌文学会
書名ヨミ コレクション ニホン カジンセン
書名別名 大伴旅人

Collected Works of Japanese Poets

Korekushon nihon kajinsen
巻冊次 041
出版元 笠間書院
刊行年月 2012.8
ページ数 113p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-70641-6
NCID BB10086670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
大伴旅人 中嶋真也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想