新島八重 : 新島襄・八重夫妻の蒔いた一粒の麦

みさきりゅうま 著

会津戊辰戦争をスペンサー銃を持って戦い、その後、新島襄と結婚した八重の人生は幕末・明治の歴史に何をもたらしたのか-。「幕末のジャンヌ・ダルク」の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 だんじりの町に託した八重の想い(突然のお殿様からの手紙
  • 「殿様、ご無体な」 ほか)
  • 第2章 八重の想いにいたるまで-新島先生ご夫妻・泉州と幕末の事件・英雄(池田屋に討ち入った泉州出身の新選組隊士
  • 岸和田騒動と松陰・象山 ほか)
  • 第3章 歴史コラム(大山捨松と八重夫人
  • 紀州藩への通り道 ほか)
  • 第4章 資料編(山岡登茂「責任」(同志社所蔵)
  • 山岡登茂に関する最新研究-同志社女学校第一回卒業生・原(山岡)登茂の生き方(坂本清音同志社女子大学名誉教授「奨励」より) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新島八重 : 新島襄・八重夫妻の蒔いた一粒の麦
著作者等 みさき りゅうま
書名ヨミ ニイジマ ヤエ : ニイジマ ジョウ ヤエ フサイ ノ マイタ ヒトツブ ノ ムギ
書名別名 Nijima yae
出版元 新人物往来社
刊行年月 2012.9
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-404-04187-6
NCID BB10432818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想