ミュージアム・エデュケーション = MUSEUMSPADAGOGIK : 感性と知性を拓く想起空間

ミヒャエル・パーモンティエ 著 ; 眞壁宏幹 訳

モノに出遭い、世界へ向かう。近代ミュージアムの設立の経緯と理念を丹念に分析し、陶冶論的考察に基づく「ミュージアムと教育」の未来予想図を、鮮やかに描き出す。原点回帰への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教育学から見たミュージアムの危機-誤解された目的
  • 第1部 ミュージアムとは何か-その歴史的再構築(世界をもう一度-普遍的に再現するというミュージアムの要求はいつ始まり、いつ終わりを迎えたのか
  • コレクションの歴史と陶冶理念の誕生-近代ミュージアムの起源をもとめて
  • 芸術とミュージアム-展示演出のジレンマ
  • ミュージアムと学校-いまだ軽視される関係の歴史)
  • 第2部 ミュージアムの可能性-その理論的考察(モノで物語る-ミュージアムにおけるナラティヴの可能性と限界
  • モノの陶冶価値-あるいはミュージアムの可能性
  • アゴラ-ミュージアムの将来のために
  • 「歴史は戯言」-歴史ミュージアムで年代順展示に替わる代案はあるのか?)
  • 第3部 ひとつの試み-ヴァーチャル教育ミュージアム「デジタル世界図絵」(ヴァーチャル教育ミュージアム「デジタル世界図絵」構想
  • 「デジタル世界図絵」の展示品選択基準と記述方針)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミュージアム・エデュケーション = MUSEUMSPADAGOGIK : 感性と知性を拓く想起空間
著作者等 Parmentier, Michael
真壁 宏幹
眞壁 宏幹
パーモンティエ ミヒャエル
書名ヨミ ミュージアム エデュケーション : カンセイ ト チセイ オ ヒラク ソウキ クウカン
書名別名 MUSEUMSPADAGOGIK
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.9
ページ数 268,18p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-1967-2
NCID BB10266785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22149255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想