夏目漱石論

蓮實重彦 著

「則天去私」「低回趣味」などの符牒から離れ、神話的肖像を脱し、「きわめて物質的な言葉の実践家」へと捉えなおしてまったく新しい漱石像を提示した、画期的文芸評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 読むことと不意撃ち
  • 横たわる漱石
  • 鏡と反復
  • 報告者漱石
  • 近さの誘惑
  • 劈痕と遠さ
  • 明暗の翳り
  • 雨と遭遇の予兆
  • 濡れた風景
  • 縦の構図
  • 『三四郎』を読む
  • 漱石的「作品」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏目漱石論
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ ナツメ ソウセキ ロン
シリーズ名 講談社文芸文庫 はM1
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 365p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290175-8
NCID BB10118085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想