「平穏死」という選択

石飛幸三 著

なぜ8割の人が安らかに死ねないのか。本人の意思を確認できないまま、老衰末期の高齢者に胃ろうなどの人工栄養が機械的に処置されている現実。医療の進歩と行き過ぎた延命至上主義が私たちから穏やかな死を奪う。このままでいいのだろうか?外科医から特養の常勤医へ転身した著者の「往生の哲学」が、いずれ死を迎える私たちすべてに生き方への深遠な問いを投げかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 八割の人が「平穏死」できない理由
  • 第2章 「口から食べられなくなったら」-胃ろうの是非を考える
  • 第3章 「老い」は病気か
  • 第4章 終末期医療と介護のカベ
  • 第5章 「平穏死」は殺人か
  • 第6章 「看取り」と向き合う
  • 第7章 生き方の大きな変革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「平穏死」という選択
著作者等 石飛 幸三
書名ヨミ ヘイオンシ ト イウ センタク
シリーズ名 幻冬舎ルネッサンス新書 い-5-1
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2012.9
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7790-6066-3
NCID BB10283263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想