幕末外交と開国

加藤祐三 著

無能無策な幕府が、黒船の「軍事的圧力」に屈し、不平等条約を強いられたという「日本史の常識」を検証。軍事衝突は起こり得るのか、交渉は何語で行うのか-。ペリー来航から和親条約締結までの一年間を日米の資料から追跡して見えてきたのは、幕府の高い外交能力と、平和的交渉の輝かしい成果だった。日本の近代外交と日米関係の原点を見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一八五三年浦賀沖
  • 第2章 アメリカ東インド艦隊
  • 第3章 議論百出
  • 第4章 ペリー艦隊の七ヵ月
  • 第5章 一八五四年ペリー再来
  • 第6章 日米交渉
  • 第7章 日本開国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末外交と開国
著作者等 加藤 祐三
書名ヨミ バクマツ ガイコウ ト カイコク
書名別名 Bakumatsu gaiko to kaikoku
シリーズ名 講談社学術文庫 2133
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 274p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292133-6
NCID BB1010814X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想