官僚制としての日本陸軍

北岡伸一 著

近代軍事史を背景に、皇道派や統制派など派閥対立の実態や支那課官僚の動向、宇垣一成の同時代観などの検証を通して、昭和陸軍の興隆と没落を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 予備的考察
  • 第1章 政治と軍事の病理学
  • 第2章 支那課官僚の役割
  • 補論 満州事変とは何だったのか
  • 第3章 陸軍派閥対立(一九三一‐三五)の再検討
  • 第4章 宇垣一成の一五年戦争批判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官僚制としての日本陸軍
著作者等 北岡 伸一
書名ヨミ カンリョウセイ ト シテ ノ ニホン リクグン
書名別名 Kanryosei to shite no nihon rikugun
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.9
ページ数 361,11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-86406-2
NCID BB10180395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想