ITと内部監査

出口眞也 著

内部監査機能のさらなる充実・見直しのために!企業活動の多角化、大規模化、グローバル化によって内部監査の対象範囲・役割はますます拡大している…。内部統制、リスクマネジメント、IT、ガバナンスなど企業経営において直面する多くの課題に対応するために"内部監査"を理論と実務の両面から解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ITの監査と内部監査人の役割(わが国の企業にとっての経営に資する監査とは?
  • 現代企業経営における情報と情報インフラのボーダレス化 ほか)
  • 2 国際競争時代のわが国企業の経営に資するITの監査(IT監査におけるリスク・アプローチの浸透状況
  • 内部統制監査およびIT監査におけるフレームワークの重要性 ほか)
  • 3 CAATと継続的監査(内部監査におけるITの活用状況
  • 継続的監査および継続的モニタリングの概念の登場の背景 ほか)
  • 4 内部統制報告制度とITの監査(ITへの対応に関する内部統制報告制度関連基準・規範の確認
  • 実施基準の「ITへの対応」の要求事項の解説 ほか)
  • 5 ERPの監査の概説(ERPの監査における全般的留意事項
  • SAP ERPの業務処理統制の特徴 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ITと内部監査
著作者等 出口 眞也
書名ヨミ アイティー ト ナイブ カンサ
書名別名 Aiti to naibu kansa
シリーズ名 内部監査実務シリーズ
出版元 同文館
刊行年月 2012.9
ページ数 226p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-495-19771-1
NCID BB10127756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想