ヒトはなぜ難産なのか : お産からみる人類進化

奈良貴史 著

ヒトは、ほかの哺乳類と異なり「難産」だ。では、その原因とは?進化の過程や文化の面で、どのような解決策をとってきたのか?進化の歩みを、ほかの哺乳類や霊長類、ネアンデルタール人類などと比べ、めずらしい図版資料の数々を見ながら出産の文化史を見直し、人類の未来を考えよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヒトは難産?
  • 2 解剖学的構造の進化とお産
  • 3 難産は現代人の定め-難産な理由
  • 4 人類進化と妊娠・分娩進化史
  • 5 出産介助者の出現
  • 6 理想のお産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトはなぜ難産なのか : お産からみる人類進化
著作者等 奈良 貴史
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ナンザン ナノカ : オサン カラ ミル ジンルイ シンカ
書名別名 Hito wa naze nanzan nanoka
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 197
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.9
ページ数 102,2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029597-0
NCID BB10075324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想