若狭の歴史と民俗

永江秀雄 著

日本海の豊かな幸を背景に、都と深くつながった、美しく多重性を帯びた文化を持つ若狭。60余年の郷土研究で追い求めた若狭の真実の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史(『近世初期文壇の研究』に学ぶ
  • 織豊期前後の若狭点描
  • 雄長老の出自について ほか)
  • 第2部 地名(「遠敷」の語原-遠敷「多」説について
  • 地名を学び地名に学ぶ-若狭の「遠敷」について
  • 地名「丹生」と歌語「真金」 ほか)
  • 第3部 民俗(上根来の伝説と堂本の民俗など-民俗調査報告拾遺
  • 「お水取り」の起源
  • 伝承 若狭の水と京とのつながり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若狭の歴史と民俗
著作者等 永江 秀雄
書名ヨミ ワカサ ノ レキシ ト ミンゾク
書名別名 Wakasa no rekishi to minzoku
出版元 雄山閣
刊行年月 2012.9
ページ数 351p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02245-9
NCID BB1027644X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150046
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想