ハヌカーのあかり

マイケル・J・ローゼン 文 ; ロバート・サブダ 絵・紙工作 ; 菊池由美 訳

ハヌカーとは、毎年12月に行われる、ユダヤ教を信じる人たちのお祭りです。お祭りの8日間、9本枝(1本は種火用)の燭台のろうそくが毎夜1本すづともされていきます。このならわしは、紀元前2世紀にエルサレム神殿を異教徒からとりもどしたとき、けがされた神殿を清める際に、1日分しかなかった清めのランプの油が8日間燃えつづけたという言い伝えにもとづくものです。この絵本では、さまざまな時と場所でハヌカーを祝うユダヤの人々のようすが描かれています。砂漠の野営地、新大陸アメリカへの移民船、アメリカのユダヤ人入植地、教会(シナゴーグ)を中心としたロシアのユダヤ村、イスラエルのユダヤ農場(キブツ)…そして、高層ビルの燭台に星々が炎となってともる、みごとな最終場面となります。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハヌカーのあかり
著作者等 Rosen, Michael J
Sabuda, Robert
菊池 由美
サブダ ロバート
ローゼン マイケル・J.
書名ヨミ ハヌカー ノ アカリ
書名別名 Chanukah Lights

Hanuka no akari
シリーズ名 とびだししかけえほん
出版元 大日本絵画
刊行年月 2012
ページ数 1冊(ページ付なし)
大きさ 24cm
ISBN 978-4-499-28448-6
NCID BB14154003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想