事業承継に活かす従業員持株会の法務・税務

牧口晴一, 齋藤孝一 著

非公開会社における従業員持株会の目的として、「相続税の節税」「事業承継対策」があります。しかしその前提として、従業員の福利厚生のためという本来の目的が達成されることが必要となります。本書では、税務面での活用に重点を置きつつ、設立から運営、さらには解散までを詳説しています。さらに、最新の判例の動向を視野に入れながら最先端の利用法について提言しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 従業員持株会の効果と運営(従業員持株会の効果
  • 従業員持株会の設立から解散まで)
  • 第2編 従業員持株会の問題点と対策(幽霊持株会の危険
  • 退会時の強制買戻しと価額
  • 平時の一部引出し価額
  • 「中間型」の提案
  • 従業員等への事業承継の道)
  • 第3編 従業員持株縁の先進活用事例と判決検討(従業員持株会の先進活用事例
  • 最新判決から学ぶ従業員持株会の設立と再生-「組合」から「社団」へ)
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 事業承継に活かす従業員持株会の法務・税務
著作者等 斎藤 孝一
牧口 晴一
齋藤 孝一
書名ヨミ ジギョウ ショウケイ ニ イカス ジュウギョウイン モチカブカイ ノ ホウム ゼイム
書名別名 Jigyo shokei ni ikasu jugyoin mochikabukai no homu zeimu
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.9
版表示 第2版.
ページ数 500p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-06050-2
NCID BB10686463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想