「少女」と「老女」の聖域 : 尾崎翠・野溝七生子・森茉莉を読む

江黒清美 著

『第七官界彷徨』(尾崎翠)、『山梔』(野溝七生子)、『甘い蜜の部屋』(森茉莉)の少女表象を手がかりに、アナーキーで自由な存在である「少女」と「山姥」の視点から近代日本文学を読み直す。老少女文学論序説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「老狂」の美学(山姥憧憬
  • 山姥少女作家)
  • 2 孤高の「少女」表象(「少女」概念の生成
  • 小野町子・『第七官界彷徨』尾崎翠
  • 由布阿字子・『山梔』野溝七生子
  • 牟礼藻羅・『甘い蜜の部屋』森茉莉
  • アナーキーな「少女」と「老狂」の美学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「少女」と「老女」の聖域 : 尾崎翠・野溝七生子・森茉莉を読む
著作者等 江黒 清美
書名ヨミ ショウジョ ト ロウジョ ノ セイイキ : オサキ ミドリ ノミゾ ナオコ モリ マリ オ ヨム
書名別名 Shojo to rojo no seiki
出版元 学芸書林
刊行年月 2012.9
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87517-092-1
NCID BB1025242X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想