組織不祥事研究 = Study on Latent Causes of Organizational Misconducts : 組織不祥事を引き起こす潜在的原因の解明

樋口晴彦 著

組織不祥事研究の新しいフレームワークを提示し、それを用いて18事例の組織不祥事の原因メカニズムを解明した上で、組織不祥事を誘発する潜在的原因4類型を抽出・分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本研究の目的
  • 第1章 組織不祥事の原因分析と実態調査
  • 第2章 組織不祥事に関するアウトソーシングの影響
  • 第3章 組織不祥事に関する成果主義の影響
  • 第4章 組織不祥事に関する組織文化の影響
  • 第5章 組織不祥事に関する効率性追求及びコスト削減の影響
  • 第6章 組織不祥事研究の位置付け
  • 第7章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織不祥事研究 = Study on Latent Causes of Organizational Misconducts : 組織不祥事を引き起こす潜在的原因の解明
著作者等 樋口 晴彦
書名ヨミ ソシキ フショウジ ケンキュウ : ソシキ フショウジ オ ヒキオコス センザイテキ ゲンイン ノ カイメイ
書名別名 Study on Latent Causes of Organizational Misconducts
出版元 白桃書房
刊行年月 2012.9
ページ数 343p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-561-26594-8
NCID BB10147345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想