情報戦争の教訓

佐藤守男 著

北朝鮮ミサイル発射事件(2012年)でも情報収集能力の欠如が露呈した「大韓航空機」撃墜事件(1983年)では、事件当夜の「情報当直幹部」として事件発生の兆候情報に関する報告を最初に受け、「ミグ‐25」亡命事件(1976年)では、「対空情報幹部」として現地函館に特命を帯びて急行した著者が国家警察予備隊草創期から保安隊を経て自衛隊に至る42年間の情報勤務を、反省をこめて振り返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報戦争の教訓(北朝鮮ミサイル発射事件(二〇一二年)
  • 「ミグ‐25」亡命事件(一九七六年)
  • 「大韓航空機」撃墜事件(一九八三年)
  • 生かされていない「教訓」)
  • 第2章 情報勤務の回顧(国家警察予備隊に入隊(一九五〇年)
  • 北部方面隊勤務(一九五四年)
  • 陸上幕僚監部第二部別室勤務(一九七三年))
  • 第3章 情報業務の再生(自衛官定年退職(一九八五年)
  • 北海道大学大学院進学(一九九二年))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報戦争の教訓
著作者等 佐藤 守男
書名ヨミ ジョウホウ センソウ ノ キョウクン : ジエイタイ ジョウホウ カンブ ノ カイソウ
書名別名 自衛隊情報幹部の回想

Joho senso no kyokun
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2012.9
ページ数 161p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8295-0561-8
NCID BB10165347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想