現代真宗教団論

池田行信 著

女性・坊守問題から平和・靖国問題まで、親鸞聖人750回大遠忌法要後の新たなビジョンを提言する話題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 浄土真宗の女性論(我母是賊-フェミニズムと真宗
  • 女性の生きやすいお寺を-男女共同参画社会に向けて
  • 真宗教団における坊守問題
  • 婦人から女性へ-「坊守」問題から「寺族」問題へ)
  • 2 真宗教団の今日的課題(「信教の自由」と戦没者追悼
  • 宗教者は武力行使をどう考える
  • 国際文化交流と仏教の公益性
  • 「立教開宗」と三権分立
  • 教団論の学的構想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代真宗教団論
著作者等 池田 行信
書名ヨミ ゲンダイ シンシュウ キョウダンロン
書名別名 Gendai shinshu kyodanron
出版元 法蔵館
刊行年月 2012.9
ページ数 204,6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8318-8715-3
NCID BB10502006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22170431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想