宿神  第2巻

夢枕獏 著

「義清様、この地は、古来この日本の大神域にござります。太き龍脈自在に走り、地の滋味もひと際深うござります。宿の神が集うこと、他の地とは比べものになりませぬ-」熊野道最大の難所・妙法山にて、義清は再びあれと出くわした。呼び出していたのは申と鰍であった。やがて都に戻った義清は禁断の一夜を過ごした待賢門院璋子に再会を果たすが、璋子は病んでいた-。義清は鳥羽上皇の御前にて歌を披露したことでその深奥さに魅了され、ついに出家の道を歩み始め西行と名乗る-恋は人をもののけにする。著者渾身の大河伝奇絵巻、怒涛の第二巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宿神
著作者等 夢枕 獏
書名ヨミ シュクジン
書名別名 Shukujin
巻冊次 第2巻
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.9
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-02-251003-7
NCID BB10666783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想