隠喩としての病い エイズとその隠喩

スーザン・ソンタグ 著 ; 富山太佳夫 訳

「隠喩は…暴露し、批判し、追究し、使い果たさねばならない」みずからの癌体験をふまえつつ、病いにまといつく言葉の暴力を浮き彫りに。ソンタグ円熟期の透徹した文化批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 隠喩としての病い
  • エイズとその隠喩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠喩としての病い エイズとその隠喩
著作者等 Sontag, Susan
富山 太佳夫
ソンタグ スーザン
書名ヨミ インユ ト シテ ノ ヤマイ エイズ ト ソノ インユ
書名別名 AIDS AND ITS METAPHORS

ILLNESS AS METAPHOR
シリーズ名 始まりの本
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.9
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08357-3
NCID BB10243939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想