山内一豊の妻の推理帖

鯨統一郎 著

「ご亭主殿は、一国一城の主になるおかたです」織田家馬廻役で禄高五十石にすぎない山内一豊を内助の功で出世させた妻・千枝。「賢妻」は実は名探偵でもあったのだ。織田、豊臣、徳川と天下人が入れ替わり、裏切りと密約が横行する戦乱の時代。次々と起こるお家の一大事を、閨の交わりの後に生まれる妻の名推理で、一豊は解決に導く。鯨流歴史ミステリの真骨頂。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山内一豊の妻の推理帖
著作者等 鯨 統一郎
書名ヨミ ヤマウチ カツトヨ ノ ツマ ノ スイリチョウ
シリーズ名 光文社文庫 く10-12
出版元 光文社
刊行年月 2012.9
ページ数 339p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76460-9
NCID BB10706979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想