山岳鉄道殺人連鎖 : 長編推理小説

梓林太郎 著

長野県警安曇野署に、東京から出張してきた男の捜索願が出された。その男の元同僚も一昨年に失踪し遺体で発見されている。二人はともに国交省の天下り先企業で、上高地に鉄道を通すプロジェクト「上高地新輸送システム」に携わっていた。二つの失踪事件に繋がりが?刑事・道原伝吉、山岳救助隊員・柴門一鬼、旅行作家・茶屋次郎のオールスターが初のそろい踏み。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山岳鉄道殺人連鎖 : 長編推理小説
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ サンガク テツドウ サツジン レンサ : チョウヘン スイリ ショウセツ
書名別名 Sangaku tetsudo satsujin rensa
シリーズ名 光文社文庫 あ8-45
出版元 光文社
刊行年月 2012.9
ページ数 322p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76459-3
全国書誌番号
22145364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想