公理と証明 : 証明論への招待

彌永昌吉, 赤攝也 著

数学は学問のなかでもっとも確実なもの、疑えないものと考えられている。数学の確かさは、出発点となる命題、つまり「公理」から、「証明」によって新しいことを導き出すという推論のしくみによって保証される。しかし公理や証明それ自体の確からしさは、いかにして基礎づけられるのだろうか?カントールの創りだした集合論が実は矛盾含みであることをラッセルが明らかにすると、数学者たちはこの問題に目を向けざるをえなくなったのだった。公理とは、証明とは何か?本書はあらゆる数学の基礎となる公理系のしくみ、そして数学全体を見渡す理論である証明論の初歩を、具体例をもとに平易に解説した「数学の基礎」入門である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 公理(公理とは何か
  • ギリシアの数学
  • プラトン、アリストテレス、エウクレイデス ほか)
  • 第2章 数学の基礎(数学の基礎
  • 論理主義
  • 直観主義 ほか)
  • 第3章 証明論(形式的体系
  • 無矛盾性の証明
  • 結び)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公理と証明 : 証明論への招待
著作者等 弥永 昌吉
赤 摂也
彌永 昌吉
書名ヨミ コウリ ト ショウメイ : ショウメイロン エノ ショウタイ
シリーズ名 Math & Science イ37-2
ちくま学芸文庫 イ37-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.9
ページ数 184p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09481-0
NCID BB10127290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想