四〇〇万企業が哭いている : ドキュメント検察が会社を踏み潰した日

石塚健司 著

平成二十三年九月、東京地検特捜部が摘発した粉飾詐欺事件。検察のリークを受けたマスコミは「破綻寸前の会社に粉飾決算を指南して"金のなる木"に仕立て上げる常習的犯行」と逮捕された男らを厳しく指弾した。だが、実像はまったく違うものだった。標的にされたのは、粉飾の泥沼から脱出するため懸命のリストラに取り組み、再生の光を目前にしていた一人の経営者。そして、多くの中小企業が粉飾決算に追いやられる現実に苦悩しつつ、歪んだ金融システムと格闘していた男たちだった。検察首脳も絶句する「はき違えた正義」。『特捜崩壊』の著者による入魂のノンフィクション作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 夏(笑う検事
  • タッチの差)
  • 第1章 軌跡(踏み絵の支店
  • 十年後の夢
  • 粉飾時代
  • お化粧を落とすとき
  • シャッターをこじ開けましょう
  • 阿吽の呼吸で
  • トンネルの奥の光)
  • 第2章 強制捜査(第二の不良コンサル
  • 現ナマを捜せ
  • 粉飾企業は一掃すべし
  • 砂の城
  • 特捜部に撤退はない
  • グリコのおまけ
  • 佐藤悪役のシナリオ)
  • 第3章 逮捕(大花火を上げますよ
  • 失意
  • 私は粉飾屋ではない
  • 街の灯
  • 虚構

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四〇〇万企業が哭いている : ドキュメント検察が会社を踏み潰した日
著作者等 石塚 健司
書名ヨミ ヨンヒャクマン キギョウ ガ ナイテ イル : ドキュメント ケンサツ ガ カイシャ オ フミツブシタ ヒ
書名別名 Yonhyakuman kigyo ga naite iru
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-217884-6
NCID BB10280006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想