実例刑事訴訟法  3 (証拠・裁判・上訴)

松尾浩也, 岩瀬徹 編

[目次]

  • 第5章 証拠(伝聞証拠の意義
  • 刑訴法326条の同意
  • 刑訴法321条1項2号書面の請求と訴訟活動
  • 犯行再現実況見分調書の証拠能力
  • 弾劾証拠
  • 証人尋問における書面の提示
  • 裁判員裁判における責任能力鑑定と弁護活動
  • 証拠の関連性
  • 違法収集証拠の証拠能力
  • 自白の任意性の立証
  • 裁判員裁判んける証拠調べ)
  • 第6章 公判の裁判(情況証拠による立証と合理的疑い
  • 黙秘権
  • 量刑判断の考慮要素
  • 一事不再理効の範囲
  • 他人名義冒用と被告人の確定)
  • 第7章 上訴・再審(控訴審の役割
  • 控訴審における審判の範囲
  • 事実についての不利益変更
  • 裁判員裁判と控訴
  • 第1審無罪判決と控訴審における勾留
  • 再審)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実例刑事訴訟法
著作者等 岩瀬 徹
松尾 浩也
書名ヨミ ジツレイ ケイジ ソショウホウ
書名別名 Jitsurei keiji soshoho
巻冊次 3 (証拠・裁判・上訴)
出版元 青林書院
刊行年月 2012.9
ページ数 19,388p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-417-01573-4
NCID BB10138719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22244638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想