脳はいかにして言語を生みだすか = A Speculative Treatise on the Neural Mechanisms of Language

武田暁, 猪苗代盛, 三宅章吾 著

物理学にも通底する「複雑な仕組みは単純な要素の組み合わせで説明できる」という思考をもとに、物理学者らが脳機能の理解に迫る試論。「言語を生みだす機構は、脳のどこにいかにして備わっているのか」という難問に答えはあるのか。脳科学と言語学の両面から、知の最先端に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 言葉と脳
  • 2章 ニューロンとニューロン回路網
  • 3章 単語の認知と記憶
  • 4章 文の理解と生成-文法
  • 5章 大脳基底核と小脳の言語機能
  • 6章 鳥に学ぶ-鳥の脳の歌制御機能
  • 7章 脳の構文機能モデル-mainly speculation
  • 8章 終わりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳はいかにして言語を生みだすか = A Speculative Treatise on the Neural Mechanisms of Language
著作者等 三宅 章吾
武田 暁
猪苗代 盛
書名ヨミ ノウ ワ イカニ シテ ゲンゴ オ ウミダスカ
書名別名 A Speculative Treatise on the Neural Mechanisms of Language

No wa ikani shite gengo o umidasuka
出版元 講談社
刊行年月 2012.9
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-06-153146-8
NCID BB10209089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想