岡村理論の継承と展開  第2巻

右田紀久惠, 白澤政和 監修

[目次]

  • 第1部 自発的社会福祉論(岡村「自発的社会福祉」の課題
  • ボランタリーセクターと公共性
  • 宗教と民間社会福祉(ボランタリズム)-岡村理論に準拠して
  • 自発的社会福祉としての慈善・博愛事業の条件-小林授産場に学ぶ
  • 国際福祉における自発的社会福祉実践
  • 志としての現代協同組合論)
  • 第2部 地域福祉論(住民参加で読み解く岡村地域福祉論
  • 地域福祉のミクロ・メゾ・マクロ-岡村理論の継承と展開としての「推進研究」
  • 福祉コミュニティ形成に資するソーシャルワークの展開
  • 社会福祉協議会における住民主体論再考
  • 福祉コミュニティと福祉NPO-岡村理論とNPO理論の相補性
  • 岡村理論に対する生活世界のもつ意味
  • 岡村地域福祉論となぎさの福祉コミュニティの展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岡村理論の継承と展開
著作者等 右田 紀久恵
岡本 栄一
牧里 毎治
白沢 政和
高森 敬久
岡本 榮一
書名ヨミ オカムラ リロン ノ ケイショウ ト テンカイ
書名別名 自発的社会福祉と地域福祉

Okamura riron no keisho to tenkai
巻冊次 第2巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.9
ページ数 265p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05801-3
NCID BB10117107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
自発的社会福祉と地域福祉 岡本榮一, 牧里毎治, 高森敬久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想