理想の上司は、なぜ苦しいのか : 管理職の壁を超えるための教科書

樋口弘和 著

いい上司をめざすほど、苦しいのはなぜだろう。従来の苦労「上と下の板ばさみ」「新入社員世代との世代間ギャップ」はもちろん今もあります。でも、現代の管理職はもっと異なる事態でストレスが倍増しています。自分のやり方が後輩に伝えられない、会社は自分に何を求めているかわからない、といったジレンマによって、頑張る上司ほど疲弊してしまいがちなのです。ではこの壁をどう乗り越えて、マネジメント力をどう上げればよいか-。人事コンサルタントのプロフェッショナルが、その根本の問題点を洗い出して、解決の道筋を提示。多くの企業で実績を上げている「成長の秘訣」を教えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 管理職は「偉い人」から「辛い人」へ
  • 第2章 管理職とは何だろう
  • 第3章 管理職の評価方法が変わった
  • 第4章 管理職の壁を越えられる人、越えられない人
  • 第5章 部下を育てるという仕事
  • 第6章 管理職として生きるか否か
  • 第7章 管理職のプロフェッショナルという生き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理想の上司は、なぜ苦しいのか : 管理職の壁を超えるための教科書
著作者等 樋口 弘和
書名ヨミ リソウ ノ ジョウシ ワ ナゼ クルシイ ノカ : カンリショク ノ カベ オ コエル タメ ノ キョウカショ
シリーズ名 ちくま新書 976
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.9
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06679-4
NCID BB1006558X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想