定年後の勉強法

和田秀樹 著

平均寿命八〇歳の時代、定年後の二〇年をいかに過ごすべきか。「第二の人生」を始めるにあたり、いままで挑戦してこなかった分野に思い切ってチャレンジしてはどうだろう。そのうえで重要なのが勉強だ。受験勉強とは違い、定年後の勉強法で重視されるのは、知識のインプットではなくアウトプットである。新たな人や知識に触れて思考していけば、老化を防ぎ、充実して生きることが可能となる。記憶術、思考力など、その具体的な方法論に迫る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 長生きしたければ勉強をしなければいけない(定年後の勉強は健康法だ
  • かつての夢をかなえる自己実現のための勉強とは ほか)
  • 第1章 若いころと勉強法は逆になる!(受験勉強には明確な締め切りがあった
  • インプットとアウトプットの関係が反対に ほか)
  • 第2章 定年後の記憶術(「定年前後の勉強」の二つのアプローチ
  • 「若者に負けないための勉強法」の中心は記憶力である ほか)
  • 第3章 定年後の思考術(「若い人とは異なる能力をみがく勉強法」のために
  • 思考が頑なになる「そんな話は知っている」現象 ほか)
  • 第4章 人生を充実させる勉強法(自分が何を知っているかを知る
  • これまでの会社経験を活かして起業する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定年後の勉強法
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ テイネンゴ ノ ベンキョウホウ
書名別名 Teinengo no benkyoho
シリーズ名 ちくま新書 978
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.9
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06682-4
NCID BB10066582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想