西田哲学と田辺哲学の対決 : 場所の論理と弁証法

嶺秀樹 著

「絶対無」をめぐる西田幾多郎と田辺元の論争は、明治以後のわが国における哲学史の貴重なドキュメントであり、西洋哲学の伝統に対峙しうる独創的な思想を展開せしめた契機であった。本書では、西田や田辺の思想の根本にある「絶対無」の概念がどのような哲学的可能性をもっているのかを、西田と田辺の論争および、彼らとカントやヘーゲルなど西洋哲学の泰斗との対話を通して詳細に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 場所の論理と絶対媒介-絶対無をめぐる西田・田辺論争(「西田先生の教を仰ぐ」における田辺の批判と西田の応答
  • 田辺の絶対媒介の弁証法と西田批判
  • 「場所の論理」の新たな展開と「絶対媒介」)
  • 第2部 対話の中の西田幾多郎(西田哲学とカント
  • 西田哲学とヘーゲル弁証法)
  • 第3部 対話の中の田辺元(田辺哲学とカント
  • 田辺元のマルクス受容-「種の論理」の形成と実践の概念
  • 田辺元における『存在と時間』の受容
  • 田辺元と自然の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田哲学と田辺哲学の対決 : 場所の論理と弁証法
著作者等 嶺 秀樹
書名ヨミ ニシダ テツガク ト タナベ テツガク ノ タイケツ : バショ ノ ロンリ ト ベンショウホウ
シリーズ名 Minerva21世紀ライブラリー 90
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.9
ページ数 364,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06407-6
NCID BB1012302X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想