風景構成法のしくみ : 心理臨床の実践知をことばにする

佐々木玲仁 著

描画のロジックをすくいとる。「この技法のなにが、どうして、役に立つのか…」「どうして役に立つと考えられるのか」「その考えはどのくらい信じていいのか」-臨床現場で"有効性"を伝えるために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ風景構成法のしくみを考えるのか
  • 第1章 風景構成法という技法
  • 第2章 風景構成法のしくみを知るために-研究の方法論について
  • 第3章 風景構成法の表現はどう変化し、どう変化しないのか
  • 第4章 風景構成法アイテムの描画時間
  • 第5章 風景構成法の付加段階は何のためにあるのか
  • 第6章 風景構成法に顕れる描き手の内的なテーマ
  • 終章 風景構成法のしくみについてわかったこと
  • 追補 風景構成法についてわかっていること、わかっていないこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景構成法のしくみ : 心理臨床の実践知をことばにする
著作者等 佐々木 玲仁
書名ヨミ フウケイ コウセイホウ ノ シクミ : シンリ リンショウ ノ ジッセンチ オ コトバ ニ スル
書名別名 Fukei koseiho no shikumi
出版元 創元社
刊行年月 2012.9
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-422-11542-9
NCID BB10186234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想