スミレのように踏まれて香る

渡辺和子 著

花びらを傷つけられていっそう芳香を放つスミレのように、人も苦しみを乗り越えて強くなれる-。心を癒やす愛の力とは、女性らしさとは、日本人に必要な教育とは何か…やさしくも力強い言葉で語りかける珠玉のエッセイ集。豊かな人間性を育む言葉の数々が、ここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • たいせつなもの(たいせつなもの
  • 汚濁の空気
  • 女性とくつ下
  • らしさ
  • 美しい人 ほか)
  • ある感想(幸福
  • スミレ
  • 隣人、ともに苦しむ心
  • セミの声 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スミレのように踏まれて香る
著作者等 渡辺 和子
書名ヨミ スミレ ノ ヨウ ニ フマレテ カオル
シリーズ名 朝日文庫 わ12-1
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.9
ページ数 231p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-261739-2
NCID BB1029248X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想