核の力で平和はつくれない : 私たちが非核・脱原発を主張する18の理由

市民意見広告運動 編

核武装・原発を進める18の主張。世界の平和に非核が必要なこれだけの理由。やっぱり核兵器と原発は双子の兄弟だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原発を保持することは、科学技術立国の証であり、当然な選択ではないのか?
  • 核兵器の脅威という現実の中では、核抑止戦略は妥当な選択ではないのか?
  • 米国の核によって守られている以上、日本への核兵器配備は、当然ではないのか?
  • 「非核三原則」はすでに北朝鮮のミサイル脅威、中国の軍拡の前に、現実性を失っているのではないか?
  • 日本への核攻撃を防ぐのは、米国の「核の傘」しかないのではないか?
  • 中国・北朝鮮の日本侵略阻止が米軍基地の存在理由ではないのか?
  • 米軍が「事前協議」に反して日本に核兵器を持ち込んだという証拠はあるのか?
  • 「核兵器なき世界」を呼びかけたオバマ演説の後、世界は核廃絶に向かっているのではないのか?
  • 「テロ支援国家」や「テロ組織」に核兵器が渡ることを防ぐことが緊急の課題ではないか?
  • 日本の原発の輸出は経済活動の一環で、核の拡散などとは、まったく関係ないのではないのか?
  • 原発は核兵器開発のためだというが、実際、日本は核武装していないのではないか?
  • 核燃料サイクルさえ実現すれば、プルトニウムの兵器転用も核のゴミも解決するのではないか?
  • 原発は国策として推進してきたもので、事故の補償は国民全体で負うべきものではないか?
  • 二酸化炭素排出の増加を抑えるには、原発しかないのではないか?
  • 安全対策を施し、原発を稼働させることは、合理的な考え方ではないか?
  • 電力不足を避けるため、「つなぎ」エネルギー源として原発は不可欠ではないのか?
  • 原発システムを解体して新エネルギーを導入するのは無駄ではないか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核の力で平和はつくれない : 私たちが非核・脱原発を主張する18の理由
著作者等 市民意見広告運動
書名ヨミ カク ノ チカラ デ ヘイワ ワ ツクレナイ : ワタクシタチ ガ ヒカク ダツ ゲンパツ オ シュチョウ スル ジュウハチ ノ リユウ
出版元 合同
刊行年月 2012.8
ページ数 140p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7726-1084-1
NCID BB1028446X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想