「大フィンランド」思想の誕生と変遷 : 叙事詩カレワラと知識人

石野裕子 著

フィンランド民族文化の象徴、叙事詩カレワラ。この叙事詩は、フィンランドの国民国家形成に深く結びつき、その思想的背景をなした。1917年の同国の独立前夜から第二次世界大戦における二度の対ソ戦争敗戦、そして戦後に至るまでの、文化・学問・政治の緊張に満ちた関係を、3人の知識人を軸に描いた意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1章 「大フィンランド」思想の誕生と変遷-「言語民族」と「国家民族」(スウェーデン統治時代におけるフィンランドの民族意識
  • ロシア帝国統治時代における民族意識の覚醒とカレワラ
  • 独立後のフィンランドの民族意識
  • 2つの対ソ戦争におけるフィンランドの民族意識と安全保障問題
  • 戦後フィンランドにおける民族意識)
  • 第2章 フィランド学派の創始者カーレ・クローン(クローンの生涯とカレワラ研究
  • クローンのカレワラ解釈の変化をめぐる議論)
  • 第3章 「忘れられた」歴史学者ヤルマリ・ヤーッコラ(ヤーッコラの生涯とカレワラ研究
  • ヤーッコラの歴史観
  • 第二次世界大戦期におけるヤーッコラの活動
  • 戦後フィンランド歴史学の潮流とヤーッコラ)
  • 第4章 詩人ムスタパー、あるいは民俗学者マルッティ・ハーヴィオ(ハーヴィオの生涯とカレワラ研究
  • 戦前におけるハーヴィオのカレワラ研究
  • 戦間期および継続戦争時のハーヴィオの活動とそのカレワラ解釈への影響
  • 戦後の展開)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「大フィンランド」思想の誕生と変遷 : 叙事詩カレワラと知識人
著作者等 石野 裕子
書名ヨミ ダイフィンランド シソウ ノ タンジョウ ト ヘンセン : ジョジシ カレワラ ト チシキジン
書名別名 Daifinrando shiso no tanjo to hensen
シリーズ名 カレワラ
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.8
ページ数 11,253p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-023800-7
NCID BB10091998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22147156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想