中部における福澤桃介らの事業とその時代

愛知東邦大学地域創造研究所 編

[目次]

  • 第1章 福澤桃介の事業と下出民義の役割
  • 第2章 時代の先取りをした人達-福澤桃介、桐生悠々、川上貞奴の足跡から
  • 第3章 中部地方における電気事業の展開-名古屋電燈・東邦電力・大同電力の軌跡
  • 第4章 「電力王」福澤桃介の鉄道事業-鉄道国有化後における地方鉄道の企業者活動
  • 第5章 名古屋南部におけるセメント工業の成立と変遷
  • 第6章 矢田績とその名古屋での「シゴト」
  • 第7章 豊田佐吉の足跡に見る起業家精神
  • 第8章 日露戦後名古屋における産業都市構想の形成-名古屋経済会の懸賞論文『名古屋市是』を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中部における福澤桃介らの事業とその時代
著作者等 愛知東邦大学地域創造研究所
書名ヨミ チュウブ ニ オケル フクザワ モモスケラ ノ ジギョウ ト ソノ ジダイ
シリーズ名 地域創造研究叢書 No.18
出版元 アジール・プロダクション
唯学書房
刊行年月 2012.9
ページ数 138p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-902225-75-4
NCID BB10291534
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22145979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想