魔王なあの娘と村人A  4 (めっちゃメタなフェスティバル)

ゆうきりん 著

"個性者"と無個性な一般人である"村人"が一緒にクラス劇をやることになった。学級委員の"魔王"竜ヶ峯桜子と、副委員長であるところの俺、佐東は当然ながら仕切りを頼まれたんだが…。試行錯誤しながらどうにか"村人"代表の斉藤が劇の脚本をあげてくれたところ、その脚本がクラスの"個性者"たちからまさかの大バッシングをうけちまった。その厳しい物言いに斉藤をはじめほかの"村人"たちも完全に反発しちまって…!確かに"個性者"たちは頑固で融通がきかないが、悪い奴らじゃない。でも…斉藤たち"村人"の気持ちも当然痛いほどわかるわけで…両者の間に立つ俺と竜ヶ峯は…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔王なあの娘と村人A
著作者等 ゆうき りん
書名ヨミ マオウ ナ アノコ ト ムラビト エー
シリーズ名 電撃文庫 2409
巻冊次 4 (めっちゃメタなフェスティバル)
出版元 アスキー・メディアワークス
角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.9
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-886888-4
全国書誌番号
22154611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想