文豪たちの大喧嘩 : 鷗外・逍遥・樗牛

谷沢永一 著

「鴎外にだけは気をつけよ」好戦的な厄介者、論争家としての鴎外。「『小説神髄』の執筆は御苦労であったが、我が文壇に影響するところは皆無」鴎外の標的とされた逍遙。「目指す相手は森鴎外」独立独歩の若き批評家、高山樗牛。攻守転々三つどもえ、目くらましあり、禁じ手ありの筆合戦。明治文学の黎明期に起こった文学論争を通して、文豪たちの意外な素顔を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鴎外にだけは気をつけよ
  • 2 鴎外はじめて苦境に立つ
  • 3 論理に勝って気合い負け逍遙
  • 4 鴎外の追撃を断ち切った逍遙
  • 5 樗牛が鴎外に罠を仕掛ける
  • 6 評論から手を引く羽目になった鴎外
  • 7 対決を回避して遁走する鴎外
  • 8 樗牛が逍遙に噛まれて謝る
  • 9 手練手管の度を越した樗牛の小細工
  • 10 樗牛が釈明の機を逸する
  • 11 西洋思想史を居丈高に説教して空振り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文豪たちの大喧嘩 : 鷗外・逍遥・樗牛
著作者等 谷沢 永一
書名ヨミ ブンゴウタチ ノ オオゲンカ : オウガイ ショウヨウ チョギュウ
シリーズ名 ちくま文庫 た64-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.8
ページ数 360p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42976-6
NCID BB09914480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想