裸眼3Dグラフィクス = Auto-Stereographic 3D

羽倉弘之, 山田千彦, 大口孝之 編

[目次]

  • 序論:裸眼立体映像に対する最近の期待
  • 裸眼立体映像の基礎
  • パララックスバリア方式
  • レンチキュラ方式
  • 光線再生法
  • インテグラルイメージング方式(2方式)
  • インテグラル方式
  • 浮遊映像(フローティングビジョン)方式
  • フラクショナルビュー方式
  • DFD方式
  • レーザプラズマ発光表示方式
  • スキャンバックライト方式
  • ペッパーズゴーストの多層化方式
  • 受動結像工学素子方式
  • テーブル型裸眼立体ディスプレイ方式
  • 透明薄板からの発光を利用した体積表示方式
  • 空間映像方式
  • ホログラフィ方式
  • ステレオレンズフィルタ方式
  • 3Dデジタルサイネージ
  • 眼精疲労
  • 裸眼立体映像システムの歴史
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裸眼3Dグラフィクス = Auto-Stereographic 3D
著作者等 大口 孝之
山田 千彦
羽倉 弘之
書名ヨミ ラガン スリーディー グラフィクス
書名別名 Auto-Stereographic 3D

Ragan suridi gurafikusu
出版元 朝倉書店
刊行年月 2012.8
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-254-20151-2
NCID BB1022960X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想