がんと代謝 : 何故がん細胞が好んで解糖系を使うのか?メタボローム解析が明かすがん細胞の本質から代謝研究がもたらす創薬・診断まで

曽我 朋義;江角 浩安【編】

[目次]

  • 概論 がんの代謝研究の最前線-Warburgを超えて
  • 第1章 エネルギー代謝
  • 第2章 がん特異的代謝
  • 第3章 低酸素、酸化ストレス
  • 第4章 がん代謝と創薬研究
  • 第5章 がんの診断、代謝研究の新技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がんと代謝 : 何故がん細胞が好んで解糖系を使うのか?メタボローム解析が明かすがん細胞の本質から代謝研究がもたらす創薬・診断まで
著作者等 曽我 朋義
江角 浩安
書名ヨミ ガントタイシャ : ナゼガンサイボウガコノンデカイトウケイヲツカウノカメタボロームカイセキガアカスガンサイボウノホンシツカラタイシャケンキュウガモタラスソウヤクシンダンマデ
出版元 羊土社
刊行年月 2012.9.10
ページ数 212p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7581-0325-1
NCID BB10147163
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想