バイオメカニズム研究の再考 : バイオメカニズム  21

バイオメカニズム学会【編】

[目次]

  • 1部 QOL(移乗介助用低負担スリングとリフトハンガー
  • がん骨転移患者の寝返り支援に向けた筋電制御型体幹回旋拘束装具の開発 ほか)
  • 2部 感覚(触知記号・浮き出し文字の識別容易性
  • 手指の触運動方向が微小段差弁別に及ぼす影響 ほか)
  • 3部 運動(円標点とメッシュ変形法を用いた歩行時の足骨格と表面変形の計測
  • モビルスーツ型全身動作補助機の開発と装置装着歩行時の脳活動評価 ほか)
  • 4部 筋・骨格(誘発筋音図の伝達関数の同定と筋力学特性の刺激頻度依存性の解析への応用
  • 圧脈波誘発体表面振動による筋剛性変化の解析 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオメカニズム研究の再考 : バイオメカニズム
著作者等 バイオメカニズム学会
書名ヨミ バイオメカニズムケンキュウノサイコウ : バイオメカニズム : 21
巻冊次 21
出版元 バイオメカニズム学会
慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.8.31
ページ数 263p
大きさ 27×20cm
ISBN 978-4-7664-1955-9
NCID BB10134106
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想